NBADVD代行

【ファイナル】2005年 ピストンズVSスパーズ 全7試合

2005年NBAファイナル
6/9~6/23 全7試合
サンアントニオ スパーズ vs デトロイト ピストンズ
第1戦

ディフェンス重視のチーム同士だけあって、初戦からロースコアゲームが展開された。37-35のピストンズ2点リードで迎えた後半、ティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ、トニー・パーカーらスパーズの三本柱を中心にスパーズが得点を重ね、特に前半4得点に終わったジノビリが後半には22得点、第4Qだけでも15得点を記録し、チームの勝利に貢献した。ピストンズはクォーター毎の得点で20得点を越えたのが第1Qのみで、チーム全体でもFG37.7%とシュートに苦しんだ。

第2戦

第2戦でもピストンズが80得点以下に抑えられ、スパーズは序盤にリードを奪ってから一度も追い付かれることなく勝利した。この日もスパーズのオフェンスはマヌ・ジノビリが引っ張り、第4Qまで全てのシュートを決めるという好調ぶりだった。第1戦、第2戦とピストンズのリーディングスコアラーであるリチャード・ハミルトンを14得点に抑えるエースキラーぶりを発揮するブルース・ボウエンは、この日は4本の3Pシュートを決めるて15得点を記録するなど、オフェンスでも活躍した。

第3戦

ここまで徹底的にオフェンスを封じ込められたピストンズが、ホームに戻った第3戦では逆にスパーズのオフェンスを封じ込めた。ペリメーターでは第1戦、第2戦で活躍したマヌ・ジノビリを7得点6TOと無力化すると、インサイドでは第1Qだけで5ブロックを決めたベン・ウォーレスとラシード・ウォーレスがティム・ダンカンをFG5/15に抑え込んだ。オフェンスではここまで沈黙が続いたリチャード・ハミルトンが復活し、チャンシー・ビラップスとのガードコンビで計44得点をあげた。

第4戦

第3戦に引き続きスパーズのオフェンスを封じたピストンズが、このシリーズ初めての100得点越えを達成してスパーズを圧倒した。ピストンズは7選手が二桁得点を記録するなどバランスの良いオフェンスを展開し、ターンオーバー4本はファイナル史上最小記録だった。スパーズはマヌ・ジノビリがまたもや抑え込まれ、そのジノビリを好ディフェンスで苦しめた控えガードのリンジー・ハンターは逆に17得点と活躍した。またチームハイの16得点16リバウンドを記録したダンカンも、FG5/17とシュートに苦しんだ。ホームに戻って見事に立て直したピストンズが、シリーズを2勝2敗のタイに持ち込んだ。

第5戦

"ビッグショット・ボブ"がスパーズの危機を救う。シリーズの行方を左右する重要な第5戦は両者とも死力を尽くし、オーバータイムまでもつれ込んだ末に、ロバート・オーリーの劇的な決勝3Pシュートでスパーズがものにした。

ここまで大差の付く試合が続いたが、この日は最後の最後まで試合の行方が分からない展開が続いた。後半になるとオーリーの3Pシュートが決まりだすが、ピストンズもこの日両チームを通じてシリーズハイの34得点を記録したチャンシー・ビラップスを中心にオフェンスを展開し、両チームとも決定的な点差を付けることができないまま試合は第4Qへ。第4Q終盤はこの日26得点19リバウンドと活躍したティム・ダンカンが、ここに来て勝利を手繰り寄せるフリースローやティップショットを尽くミス。ピストンズにとってはダンカンの突然の失調に救われる形で、オーバータイムへと突入した。オーバータイムで先にリードを奪ったのはピストンズだったが、オーリーのダンクなどで2点差に食らいつき、そして残り5.8秒、ジノビリのパスを受けたオーリーが3Pシュートを見事に沈め、土壇場で96-95とスパーズがリード。逆転を狙ったリチャード・ハミルトンのシュートはリムに弾かれ、スパーズがオーリーの活躍で重要な一戦を制した。両チームの得点が並んだ回数は18回、リードが入れ替わった回数は12回という接戦だった。スパーズはこれで優勝に王手を掛け、一方ホームコートアドバンテージを持たないピストンズにとっては、痛いホームでの敗戦となった。

第6戦

ピストンズが逆境を乗り越え、2度目のシリーズタイに持ち込む。第5戦の接戦を引きずるようにこの日も序盤から何度もリードが入れ替わる展開となった。第3Qに入るとチャンシー・ビラップスとリチャード・ハミルトンのガードコンビが次々と得点を重ねてリードを広げ始める。第4Qにはホームに帰って元気を取り戻したマヌ・ジノビリの3Pシュートやティム・ダンカンの連続得点などで2度1点差にまで詰め寄る場面があったが、後一本が出ず、ピストンズが第6戦をものにした。スパーズはダンカンとジノビリが共に20得点10リバウンド以上を達成したのに対し、ピストンズは5人が二桁得点、総ターンオーバーは5本と堅実な試合運びが光った。ファイナルで第7戦までもつれるのは1994年のヒューストン・ロケッツ対ニューヨーク・ニックス以来である。

第7戦

スパーズの強固なディフェンスが復活し、ピストンズを降して3度目の優勝を飾る。

お互いの持ち味であるディフェンス力が発揮されたこの試合は、序盤から互いのリードを許さない死力を尽くした接戦となった。第3Qにはピストンズが攻勢に出てこの日最大の9点のリードを奪ったが、ここからダンカンが大黒柱らしい粘りを見せ、このクォーターだけで2回の3点プレイを含む15得点を記録。57-57の同点で第4Qを迎えた。そして第4Qの最初の得点であるダンカンのダンクが、結果的にファイナルの勝敗をも決定付けた。以後スパーズは二度とリードを許すことなく、"ビッグショット・ボブ"の2本の3Pシュートで逆にリードを広げ、81-74で勝利した。

ファイナルMVPはマヌ・ジノビリも有力候補であったが、シリーズ中20.6得点14.1リバウンドを記録し、全試合でダブルダブルを達成したティム・ダンカンが選ばれた。ダンカンはこれで3度目のファイナルMVP獲得であり、これはマジック・ジョンソンとシャキール・オニールに並ぶ2位タイの記録である(1位はマイケル・ジョーダンの6回)

この優勝で5つ目のチャンピオンリングを手に入れたロバート・オーリーは、異なる3つのチームで優勝したNBA史上2人目の選手となった(もう1人はジョン・サリー)。マヌ・ジノビリは、2004年のアテネ・オリンピックでの金メダルと大会MVPに続き、同じシーズンの中で2つのビッグタイトルを手に入れることとなった。
価格:9,800円
注文数:
この商品を買った人はこんな商品も買っています
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
【ファーストラウンド】2005年 ペイサーズvsセルティックス 全7試合
【ファーストラウンド】2005年 ペイサーズvsセルティックス 全7試合
価格:9,800円
【伝説】ジョーダン、ルーキーイヤー45得点!!
【伝説】ジョーダン、ルーキーイヤー45得点!!
価格:2,200円
【15-16】カズンズ、大爆発!キングスvsホーネッツ 2OT!
【15-16】カズンズ、大爆発!キングスvsホーネッツ 2OT!
価格:2,200円
| ホーム |

商品検索

カートの中身

Copyright c 2005 NBADVD代行. all rights reserved.